思わずイライラ!?3歳児の反抗期が始まったら読むべき8つのこと

思わずイライラ!?3歳児の反抗期が始まったら読むべき8つのこと

一般的に、「第一次反抗期」と言われる3歳児期は、毎日一緒にいると、親もついイライラしたり、怒りやすくなったりするものです。

でも、落ち着いてみると、後から「どうして、自分はあんなに怒ってしまったのだろう。」「もっと上手な対応があったかも。」と考えることもあるのではないでしょうか。

ここでは、そんな大変な毎日を乗り切るヒントになる方法をご紹介します。

1.3歳児って?

3歳頃になると、それなりに話もできて、観察力や知恵・力も付き、自分で出来ることが増えます。一方で、物事の分別はまだ未熟だったり、実力以上の事をやりたがったりと、アンバランスな面も持ち合わせています。

それらが、大人から見ると厄介だったり、大変だったりして、「第一次反抗期」「地獄の3歳児」などと言われる理由になっているのではないでしょうか。

しかし、子どもの成長という意味では、3歳は大きな変化の時期です。どこか赤ちゃんの名残りがある2歳を過ぎて、「人」として成長する時期に入ります。

強くなる自己主張は、子どもが自分から積極的に、気持ちや意思を表現することであり、大切な心の成長過程の1つです。

大人や他の子どもとのぶつかり合いを通して、自分の出し方を学び、お互いの主張の違いを知ることで、他者との関係性やコミュニケーションの仕方を身に付けていく、最初の段階とも言えます。

2.肯定する

自己主張も大事とは言え、何でも子どもの思い通りにさせて良いわけでもありませんし、出来ない場合も多いでしょう。

そこで一つの対応として、「肯定する。」という方法があります。子どもの行動を制限する事はあっても、子どもの気持ちを汲み取ることは心掛けてみるのです。

例えば、夕食時に「パズルで遊びたい。」と言う子どもに、「ダメ!ご飯を食べてから。」と言うのではなく、「そう。じゃ、ご飯を食べてから遊ぼうね。」と言ってみて下さい。

食後も時間が無い時は、「これからご飯の時間なの。今日は遅いから、ご飯の後も遊べないと思う。〇〇くんは遊びたいのに、ごめんね。」などと、素直に伝えましょう。

大人でも頭ごなしに否定や禁止をされれば、気持ちの良いものではありません。やりたい事が溢れている子どもなら、尚更でしょう。言葉掛け一つで、案外すんなりいくこともあります。

3.離れる

本心ではどんなに可愛い・愛しいと思っていても、毎日、子どもと2人きりという環境ですと、一緒にいる事が辛い時も出てくるでしょう。

そんな時は、可能であれば、家族・友人や託児施設、公共制度(例:保育ママさん)などに子どもを預け、一人になる時間を作って下さい。託児が難しい場合は、家の中で自分を隔離します。

危険物は触れない所にしまうなどし、子どものいる場所の安全を確保してから、自分は別の部屋にこもるのです。子どもにはDVDやゲームを与えておけば、しばらく静かにしていられるでしょう。

「テレビやゲームはちょっと・・・。」と思う方もいるでしょうが、たまには良いのです。それよりも、親の辛さを少しでも軽くする方が先決ですし、総合的に見れば、親の心が落ち着いている方が、子どもの為にもなります。

4.数える

よく言われる方法が、怒りを覚えたら10数えて、自分をクールダウンさせるというものです。しかし、ここではモデルさんの話として、某サイトで紹介されていた方法を取り上げてみます。

それは、「この子とこうやって格闘しながらも、自分が一緒にいられるのは、あと何年かな。」と考えるのだそうです。そう考えると、子どもと格闘している「今」も、大切に思えるかもしれません。

5.時間に余裕を持つ

時間がない時や焦っている時には、大人も普通の時よりイライラしやすくなります。

やろうと思っていた時間よりも、30分~1時間ほど前倒しで、準備や支度に取り掛かると、子どもの「イヤイヤ!」や「自分で!」にも、ある程度は付き合えたり、許せたりします。

6.抱きしめる

1日に1回で良いので、子どもを抱き締めてみて下さい。3歳頃になると、赤ちゃんの時ほど抱っこしたり、おんぶしたりする事も少なくなるでしょう。

しかし、大好きなお父さん・お母さんに抱きしめられることが嬉しくない子どもはいません。スキンシップをすると、親も子どもも素直な優しい気持ちになりやすく、お互いに良い影響がもらえます。

7.発散する

イライラしにくくなる為には、大人も発散することが必要です。好きな事をする時間を少しでも作る、とにかく外に出てみる、誰かに愚痴をこぼすなど、発散方法は色々とあります。

他に、筆者が実践している、1人で家で出来る方法も、2つご紹介します。1つ目は、枕やクッションなど投げても壊れない物を、思い切り投げる、壁や床に叩きつけるというものです。

これは、子どもの見ていない所でやりましょう。2つ目は、お風呂の湯船で、思い切りお湯をバシャバシャします。それはもう、本当に思い切りやります。これは、子どもと一緒にやっても大丈夫です。

溜まったイライラの力を、子ども以外の対象にぶつけることでスッキリしやすくなります。

8.絶対にダメ!!

どんなにイライラしても、腹が立っても、子どもに手を上げることと、子どもの人格や存在そのものを否定するような怒り方・叱り方は、絶対にやめて下さい。

大人が思う以上に、子どもの心に傷を残しますし、何をされたか覚えているものです。その一線だけは、大人として親として、絶対に超えてはいけません。

最後に

子どものイヤイヤ期には、親もイライラして当然です。子どもへの対応について反省する事はあっても、イライラする事そのものに、負い目を感じたり、落ち込んだりする必要はありません。

それでも、なるべくイライラしたり、怒ったりしたくないという方も多いでしょう。自分なりの方法で、イライラを上手く解消しながら、子どもと少しでも楽しく向き合えると良いですね。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方

    男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方育児のことなら何でも知ってるお母さん。子育てにおい…
  2. イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置

    イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置子どもが頭痛を訴えると、目に見えない部分な…
  3. ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのこと

    ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのことママ友は、仲良く出来ればとても心強…
  4. 大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選

    大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選お誕生日やクリスマスなど、女の子に…
  5. 雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選

    雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選子どもは雨の日でも元気いっぱいです。水たまりに入って…

ピックアップ記事

  1. 1歳10か月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれこんにちは。5歳と3歳の二人…
  2. 子どもの靴は機能性重視!?足の発育のためにオススメする靴6選子どもに靴を選ぶときに、何を重視…
  3. 1歳3ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれたっちやあんよができるようにな…
  4. お食い初めの料理や献立メニューのレシピを紹介! 赤ちゃんの成長を祝う、お食い初めの行事。料亭などの…
  5. オムツかぶれに効果ある薬と対処方法4歳と3歳の二児のママライターです。トイレに行けるようにな…

新着情報

ランダム記事

ページ上部へ戻る