1歳6ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれ(2/2)

1歳6ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれ(2/2)

それでは前回からの続きです。

前回記事はこちら。
1歳6ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれ(1/2)

6.遊び

人との関わり

色々なものへの興味・関心が広がり、気になるものを指差しなどで、大人に教えてくれるようになります。

また、親以外の人への関わりも増えてきて、大人とのやり取りを楽しむようになります。一方で、子ども同士で一緒に遊ぶ・オモチャを譲るといったことは、まだ難しい時期です。

同じ空間にいて、お互いのやる事やオモチャが気になったり、時々一緒に楽しそうにする様子は見られますが、子ども同士で継続的に一緒に遊べるようになるのは、もう少し先です。

ごっこ遊び

生活の中で、大人のやる事を真似したり、「ふり」をするようにもなります。

「ふり」をするようになることで、それらが少しずつ、ごっこ遊びへと変化していきます。低年齢の内のごっこ遊びは、おままごとのリンゴなら、リンゴの色・形をしたオモチャなど、具体的なイメージに繋がりやすい物を用意してあげると良いでしょう。

しかし、これは年齢が上がると共に、より抽象的な物に変えた方が良いので、どこまでオモチャを用意するかなどは、ご家庭の判断次第になります。

指先の遊びと運動遊び

指先の動きが、それまでより更に器用になる頃です。「つまむ」動きができるようになってくるので、洗濯バサミやボタンなどを使ったり、積み木や粘土などで、指先を沢山使う遊びを経験させてあげるのも良いでしょう。

もちろん、外で歩いたり、走ったりという運動になる遊びも大切です。他に体を使う遊びとして、ボール遊びや、ハンモック遊びなどがあります。

ハンモック遊びは、大きなバスタオルなどに子どもをのせ、端を大人がしっかりと持ち、ハンモックのようにして揺らしてあげるという遊びです。

体のバランス感覚を育てるのに良いですし、子どもも喜びます。なお、揺らし過ぎないように注意して下さい。

7.夜泣き

1歳半頃の夜泣きは、赤ちゃんの頃の夜泣きとは、ちょっと変わってくるかもしれません。

赤ちゃんの頃の夜泣きは、寒い・暑い・空腹・衣類がチクチクするなど、生理的不快によるものが多いように思います。もちろん、原因をはっきりと特定できないのが夜泣きですので、一概には言えません。

1歳を過ぎて、特に1歳半ともなると、精神的な理由による夜泣きも出てくる傾向があります。

心も体も成長著しい時期ですので、子ども自身も、自分の成長スピードに追いついていなかったり、吸収したいことがあり過ぎて、心の中で持て余したりして、無意識の内に不安定になっているという事も考えられます。

忙しい毎日で、お父さん・お母さんも大変だと思いますが、子どもが抱っこを求めきたり、「こっちを見て。」とアピールしてきたら、ちょっと手を休めて向き合ってみて下さい。

昼間の関わり方を少し心掛けるだけで、夜の睡眠も変わることがあります。また、1日の生活リズムを見直してみることも、1つの方法です。

他に、夜間授乳をしているのであれば、そろそろ夜間だけでも、お乳やミルクを止めてみても良いかもしれません。夜間授乳は、歯が生えてきていましたら、虫歯に繋がる可能性もあります。

8.危険

スムーズに自分で移動できるようになることで、これまでよりも家の中も外も、更に色々な危険が増します。

思いがけない物を踏み台にして、高い所へ登ったり、入りそうにない所に入り込んだり、テーブルクロスなどを引っ張って、熱い物を落としたり・こぼしたり、プラグを舐めたりなど、いたずらが事故に繋がる可能性も高まります。

また、特に水回りは注意して下さい。洗面器に数㎝溜まった水でも溺れることがあります。家の中は、全ての部屋に危険対策を施した方が良いでしょう。同時に、子どもが危ない事をした時は、短い言葉で、その場で、真剣に注意します。

これを続けることで、およそ2歳以降になると、言葉と行動が少しずつ結びつくようになり、「これをしたら熱いから、触らないでおこう。」といった、危機回避能力の育ちに繋がっていきます。

しかし、全ての危険を完全に防ぐことは不可能に近いですし、ある程度の痛みや怪我の経験は、子ども自身にも必要です。大人は神経質にはなり過ぎず、大きな事故や怪我にならないように、配慮してあげて下さい。

9.検診

1歳6ヶ月検診は、多くの自治体にて無料で行っています。ほとんどの子どもが歩けるようになり、検診では、歩いた時のバランスや足の運び方をポイントに診てくれます。

また、視聴覚の発達についても、判断しやすくなる大事な時期です。歯も生える時期なので、歯科検診を同時に行う場合もあります。主な検診内容は、以下の通りです。

1歳半検診内容

  • 視覚、聴覚に問題はないか
  • ひとり歩きの様子
  • 手指を使う様子
  • 発する言葉をチェック
  • 問いかけに対する理解と反応を見る
  • 身体測定
  • 診察(皮膚や全体の観察、胸と背中の聴診、お腹の触診、大泉門の触診など)
  • 問診

10.生活習慣について

片付けや着替えなど、生活面の事も遊びとして楽しみながら、少しずつ練習を始めると良いでしょう。

自分でやりたがる時期なので、その意欲を上手に導いてあげて下さい。ここでは、主な3つに絞ってまとめます。

片付け

片付けは大人がお手本となり、オモチャはいつも必ず同じ所にしまってあげて下さい。そして、食事の前や寝る前など、きりのいい所で、子どもも一緒に片付けるようにしましょう。

お片付けゲームのような感覚で取り組めると、スムーズにいきやすいです。この時に、全部きっちりと、大人と同じように片付けることを、子どもに求めないで下さい。

絵本を1冊しまえた、オモチャを1つ持って来られたなどで十分です。1つでも片付けられたら、沢山ほめましょう。更に、子どもと一緒に片付ける時のポイントは、片付けやすい環境作りです。

オモチャや絵本の数が多過ぎたり、引き出しや入れ物にしまいにくいと、子どもにとっては片付けにくくなってしまいます。出しておくオモチャや絵本の数は減らし、たまに入れ替える、入れ物は中身が見える物にするなど工夫してみましょう。

これらが成長と共に、他のお手伝いにも繋がっていきます。家の中の事を一緒に行うのは、子どもが家族の一員としての意識を持つことに繋がり、果ては、社会の一員としての自覚にも繋がっていきます。

着替え

これも、子どもの自分でやりたい気持ちを、上手に使いましょう。また、大人の真似が嬉しい時期ですから、大人が一緒に着替えてみせるのも良いでしょう。

ただ、子どもは、すぐには上手に出来るようにはなりません。上手く出来なくて、泣いたり怒ったりすることもあるでしょうし、時間が掛ることもあるでしょう。上手くいかない時は、ちょっと手伝ってあげて下さい。

この時のコツは、手出ししていることを、子どもに悟られないようにする事です。あと、子どもの性格などにもよると思いますが、筆者が実践しているのは、子どもが出来ないと泣いたりした時に、すぐに声を掛けたり、手を出したりせずに、しばらく見守ることです。

そして、子どもが、ひとしきり泣いたり、怒ったりした頃合いを見計らって、「お母さんが、ちょっとお着替えのお手伝いして良いですか?」と尋ねます。そうすると案外、素直に任せてくれる場合も多いです。

自分の事は自分で出来るようになる為の、初めの1歩です。上手くサポートしつつ、見守ってあげて下さい。

トイレ

子どもの成長度合いにもよりますが、そろそろトイレのことも意識して良い頃です。無理に行かせる必要はありません。

この時期は、排泄することそのものよりも、おまる・トイレに座ることに慣れるようにします。子どもの中で、トイレについて少しずつ意識できるようにし、慣れていくことが第一です。

その為には、ある日急に「トイレ」となっても、子どもには何が何だか分かりません。絵本やDVDなどを見せたり、大人がトイレに行く時に一緒に行ったりなど、下準備が大切になります。

なお、この時に強制したり、教え込むことは、子どもがトイレや排泄に対して、嫌なイメージを持ちやすくなり、逆効果です。始めるタイミングとしては、ひとり歩きが出来る・おしっこの間隔が2時間程度空く、言葉を理解するの3点が目安となります。

トイレトレーニングは、特に個人差が大きく、進歩しては元に戻り・・・という繰り返しで進みます。子どもが嫌がったり、トレーニングが進まないなと思ったら、一旦お休みしても大丈夫です。

お父さん・お母さんが細かい事にとらわれ過ぎず、気長に取り組んでみてください。

最後に

ここにある内容は、あくまでも一般的な発達・成長に添ったものです。子どもの成長は、個人差が大きいです。

人と比べたり、巷の情報に振り回されずに、子ども自身をよく見てあげて下さい。早くても、ゆっくりでも、子どもなりに順当に成長していれば、まず心配はありません。

否が応でも、成長すれば、子どもは親から離れて行きます。細かい事や固定概念にとらわれ過ぎず、「今」しかない子どもの姿を大事に、子育てを楽しんで下さい。

前回記事はこちら。
1歳6ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれ(1/2)

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方

    男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方育児のことなら何でも知ってるお母さん。子育てにおい…
  2. イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置

    イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置子どもが頭痛を訴えると、目に見えない部分な…
  3. ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのこと

    ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのことママ友は、仲良く出来ればとても心強…
  4. 大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選

    大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選お誕生日やクリスマスなど、女の子に…
  5. 雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選

    雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選子どもは雨の日でも元気いっぱいです。水たまりに入って…

ピックアップ記事

  1. 1歳10か月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれこんにちは。5歳と3歳の二人…
  2. 子どもの靴は機能性重視!?足の発育のためにオススメする靴6選子どもに靴を選ぶときに、何を重視…
  3. 1歳3ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれたっちやあんよができるようにな…
  4. お食い初めの料理や献立メニューのレシピを紹介! 赤ちゃんの成長を祝う、お食い初めの行事。料亭などの…
  5. オムツかぶれに効果ある薬と対処方法4歳と3歳の二児のママライターです。トイレに行けるようにな…

新着情報

ランダム記事

ページ上部へ戻る