1歳1ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれ

1歳1ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれ

子どもの成長は嬉しいものです。それと同時に、「この時期はこれで良いのか?」「普通はどうなのか?」など、育児中は心悩みや心配も尽きないことと思います。

ここでは1つの目安として、1歳1ヶ月頃の子どもの成長について、運動面から食事や遊びなど、色々と見てみましょう。

1.身長・体重

1歳頃までに、体重は生まれた時の約3倍、身長は約1.5倍と、急激に成長します。

しかし、1歳以降は、この成長のスピードが緩やかになります。2歳頃までの約1年間で、身長は5~6㎝伸び、体重は平均で約1~2kg増える程度に留まります。

また、身長は伸びても、体重はあまり変わらないなどの場合もあります。それまでの成長スピードと比べ、増えない・伸びない気がして悩むかもしれませんが、子どもがそのような時期に入ったということなので、一般的にはそれほど思い悩む必要はありません。

なお、この時期の平均身長と体重の目安は、以下の通りです。

身長体重
男の子70~80cm7.7~11.0kg
女の子68~78cm7.2~10.5kg

2.運動面

1歳前後で歩き始めることが多いですが、完全な自立歩行ではありません。歩くと言っても、2~3歩出る程度という場合も多いです。

歩き始めの頃はバランスが不安定で、まっすぐしっかりと歩けるようになるまでには、更に数ヶ月から半年程度は掛かります。また、歩き始める時期は、子どもによっても、かなり幅があります。

なかなか歩かないと心配になりますが、子どもの性格によるものだったりしますし、歩くまでの成長速度も、個人差が大きいです。ハイハイ・つかまり立ち・伝い歩きと、子ども自身がある程度、段階を踏んだ発達をしていれば、それほど心配しなくても大丈夫です。

特に、伝い歩きをすれば、そこから手を離すかどうかは、子どもの勇気や意欲によるところが大きいと言われています。

他には、手指の器用さが出てきます。今まで握るだけだった動きから、指を使おうとする動きが増えていきます。ボタンなどを押したり、ティッシュなどを引っ張りだしたり、色々といたずらが増えてくる時期でもあります。

3.言葉

「ワンワン」「ブーブー」「ママ」「パパ」など、意味のある単語が1~2個程度、出てきます。

これは、子どもにとって関心の高いものと関係していることが多いです。この時期の大事なポイントは、単なる音や真似でなく、簡単な言葉の意味が分かるようになる点です。

一方で、2歳頃まであまり話さない子どもも、少なくありません。それでも、身振り手振りや、「あー」などの単語1つが出ているなどであれば、その内に発語に繋がる場合が多いです。

なお、言葉が出なくても、周りの人の言葉を子どもは分かっています。子どもが声を出したり、言葉を発した時は、大人も「そうなの。〇〇だね。」などと応えたり、子どもの声真似をしたりと、返してあげましょう。

子どもの発したことに対して、周りの大人(特にお父さん・お母さん)が反応することは、子ども自身のコミュニケーションの力や意欲が育つための基礎となります。

4.心

自分という存在について、少しずつ分かってくる時期です。この頃になると、自己主張もはっきりしてきます。

我がままが酷くなったようにも思え、今までとは違う子どもの様子に、お父さん・お母さんは驚いたり、困ったりするかもしれません。

しかし、これは自分の意思を持ち、それを周りに伝えようとする行動の現れです。子どもの心がちゃんと育っている証であり、大切な成長過程の1つです。言葉が未熟なので、子どもが何を求めているのか、何を訴えているのか分からないことも多いと思います。

毎日のこととなると、特にお母さんは疲れてしまうこともあるでしょう。大変だとは思いますが、子どもも言いたい事が上手く伝えられずに、もどかしい思いをしています。

無理に抑えつけず、できるだけ見守ってあげられると良いでしょう。

5.食事

身長・体重の増え方が緩やかになる為、全体の食事量が減ることがあります。増え方は少なくても、子どもなりに身長・体重が増えていれば、問題ありません。

食事そのもののポイントとしては、奥の歯茎で噛んで食べられるようになることが、一番の変化と言えます。また、手づかみ食べの他に、スプーンやフォークを使いたがるようになります。

この為、食事の時には、椅子やテーブルの高さや、テーブルと子どもの体との距離をきちんと調節し、食事をしやすい位置と姿勢になるように見てあげて下さい。

他に、この時期は、栄養のほとんどを離乳食から摂るようになります。しかし、1日3回の食事だけで、必要な栄養が全てまかなえるほど、まだ胃が成長していません。

1日1~2回のおやつで、これらの足りない栄養を補う必要があります。おやつと言っても、甘いジュースやお菓子ではありません。果物やおにぎり・パンなどを、時間と量を決めて食べさせましょう。

軽食と言う方が、イメージしやすいでしょうか。なお、いつまでも食べている、1日の内に頻繁に与えるなどのダラダラ食べは、虫歯の原因になるので控えましょう。

6.遊び

手指を動かすことは、脳の発達にとても有効です。この時期から、押したり・握ったりという、指先を使う遊びを、沢山できると良いでしょう。

手指と共に、腕もダイナミックに動かせる、お絵かきもおすすめです。殴り書きや点々を打つだけで、十分に楽しめます。また、子どもの遊びは、何かを作ったり、組み立てたりするよりも先に、崩す・壊す・破くことに、楽しさ・面白さを感じる傾向があります。

この為、積んだ積み木を崩したり、新聞紙や広告紙を思い切り破ったりなど、パワーを発散できる遊びも必要になります。楽しいと思うと、子どもは何度も繰り返して遊びます。

なるべく、子どもが飽きるまで遊ばせてあげて下さい。他に、つかまり立ち・伝い歩きや歩行で、自分で立ったり、移動できるようになることで、視界が変わり、好奇心が一層高まる時期です。

子どもの探索活動は、できるだけ見守ってあげて下さい。また、歩き始めのこの時期は、歩くことそのものが楽しい時期でもあります。外のお散歩などで、立つ・歩く経験を沢山積めると良いでしょう。

7.夜泣き

夜泣きは、生後半年頃から1歳半頃まで、よく見られます。1歳1ヶ月の時期ですと、まだ夜泣きする場合が多いかと思います。

原因としては、おむつが濡れた・寒い・暑い・夢を見た・空腹など色々と考えられますが、ただ泣くだけの場合も少なくありません。授乳や抱っこ、ドライブ、夜泣き用の薬など、対策は色々とありますが、画期的な解決策や予防策はありません。

ずっと同じ対策が通用しないことも多く、大変ではありますが、色々と試してみる他にありません。夜泣きは、成長と共に落ち着く場合がほとんどです。子どもの睡眠リズムが作られる過程で起こる、当たり前の現象です。

渦中にいると先が見えず、大人は寝不足で本当に辛くなりますが、終わる時が必ず来ます。色々と対策を試しつつも、大人が細かい事に一喜一憂せず、「泣いても仕方ない。」くらいの気持ちでいられると良いかもしれません。

なお、体調が悪い、どこか苦しい・痛いなどが原因で泣く場合もあります。全てを夜泣きで片付けず、子どもの泣き方や様子がいつもと違う・少しでも変だと感じたら、病院に行くことをおすすめします。

8.危険について

 つかまり立ち・伝い歩き・歩き始めなどの、この時期は、転ぶものという意識を大人が常に持って下さい。移動や立つことがまだ不安定ですし、子どもは頭が重い為です。

家の中には、安全対策を施しておきましょう。外では、道路際での転倒や高所からの落下などに、十分に注意しましょう。転ぶ経験も、上手な歩き方を覚えるために大切です。

転ばないようにするのではなく、転んでも大怪我をしないようにしてあげましょう。また、好奇心から色々な物に手を出したり、口に入れようとします。

ある程度は見守ることも必要です。大人にとっては困るいたずらも、子どもにとっては探索活動や遊びであり、知的好奇心を満たす為の大事な行動です。危険だったり、触られたりしたくなければ、代わりの物を用意したり、他の似たような事に誘ってみましょう。

子どものやる事を制限し過ぎずに、上手く折り合いを付けるよう関われると良いですね。子どもは意外な事をやらかします。危険な事でない限り、大人も面白がることができる気持ちを持てると、なお良いでしょう。

逆に、危険な事をしたら、大人は真剣な表情と、「ダメ!」「危ない!」と短い言葉で、その場ですぐに伝えます。くどくどと言い聞かせたり、時間が経ってから注意しても、言葉の理解が未熟な時期には、特に無意味です。

短く・真剣に・その場でというのがポイントです。また、「痛かったね。」「熱かったね。」など、共感的な言葉も一緒に掛けてあげましょう。

これを続けることで、「これをすると痛いんだ。」など、子どもの中で次第に認識できるようになります。

最後に

ここにある内容は、あくまでも一般的な発達・成長に添ったものです。特に、小さい内の子どもの成長は、個人差が大きいです。

人と比べたり、巷の情報に振り回されずに、子ども自身をよく見てあげて下さい。早くても、ゆっくりでも、子どもなりに順当に成長していれば、まず心配はありません。

否が応でも、成長すれば、子どもは親から離れて行きます。細かい事や固定概念にとらわれ過ぎず、「今」しかない子どもの姿を大事に、子育てを楽しんで下さい。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方

    男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方育児のことなら何でも知ってるお母さん。子育てにおい…
  2. イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置

    イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置子どもが頭痛を訴えると、目に見えない部分な…
  3. ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのこと

    ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのことママ友は、仲良く出来ればとても心強…
  4. 大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選

    大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選お誕生日やクリスマスなど、女の子に…
  5. 雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選

    雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選子どもは雨の日でも元気いっぱいです。水たまりに入って…

ピックアップ記事

  1. 1歳10か月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれこんにちは。5歳と3歳の二人…
  2. 子どもの靴は機能性重視!?足の発育のためにオススメする靴6選子どもに靴を選ぶときに、何を重視…
  3. 1歳3ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれたっちやあんよができるようにな…
  4. お食い初めの料理や献立メニューのレシピを紹介! 赤ちゃんの成長を祝う、お食い初めの行事。料亭などの…
  5. オムツかぶれに効果ある薬と対処方法4歳と3歳の二児のママライターです。トイレに行けるようにな…

新着情報

ランダム記事

ページ上部へ戻る