子育てパパ、ママ必見!「叱る」と「怒る」の違いとは?

子育てパパ、ママ必見!「叱る」と「怒る」の違いとは?

子育てをしている中で子供に注意をすることはよくありますよね。

その時「怒って」いますか?「叱って」いますか?この二つの言葉は似ているようで違います。

ニュアンスで使い分けたりしているかもしれませんが、子育てにおいて「怒る」と「叱る」は全く違うのです。

子育てをしていくにあたり、一体どちらが適切なのでしょうか。

「怒る」と「叱る」の違い

同じように感じますが、「怒る」のは「自分のため」です。

たとえば、何回言っても子供がおもちゃを片付けないだとか、出かけなければいけないのに出がけに愚図るだとか、お母さんがイライラして子供に八つ当たりしたり、怒ったりすることです。

そんな時は感情的になってしまい、怒鳴ったりしてしまうことも多いです。子供は何故怒られているのかを考えるよりも、恐怖や不安を感じることになってしまいます。

そして「叱る」のは「子供のため」です。子供が悪いことをした時に、何がいけないのかを教えます。ですから、子供を叱る時親は冷静です。声を荒げることもあまりないでしょう。子供も何がいけなかったのかを考えることができます。

まだ幼いうちは叱られてもよくわからないかもしれませんが、成長とともに必ず理解するようになります。

以上が怒ると叱るの違いになります。

では子育てをしていく上ではいったいどちらが適切なのでしょうか。

基本的には叱りましょう

感情で怒っても、子供には伝わりませんし、後でお母さんも後悔します。

私はよく怒ってしまい、夜子供が寝た後に寝顔を見ながら「なんであんなに怒ってしまったんだろう」と後悔していました。

ですから、子供を「怒る」のではなく「叱る」ことは子供のためだけでなく、お母さんのためにもなるのです。

子供が幼いうちは怒っても理解できず、ただ恐怖が残るばかりです。

子供を叱るのはどんな時?

絶対に子供を叱らなければいけない時は「他人を傷つけたとき」と「危険なことをした時」です。それ以外は実はそんなに叱ることはないのです。

ご飯を食べない、何回言っても片付けない、言うことを聞かないなど叱ったり、怒ってしまいたくなる場面はたくさんあるかもしれませんが、これらは親の言い方一つで解決することもあります。

例えばおもちゃを片付けるにしても「早く片付けなさい」といってもなかなか片付けようとはしません。しかし「お母さんと一緒にお片付けしようか」というと素直に片付けたりします。

本当に叱らなければいけない時以外はなるべく叱る前に解決できるようにしましょう。

最後に

お母さんに余裕がないと感情的に怒ってしまいがちです。お母さんもストレスをためないように意識的に休んだり、自分の時間を少しでも持てるようにしましょう。

そして子供を叱った後は「次からはこうしようね」など優しくフォローし、子供の叱られて落ち込んでいる気持ちを前向きにしてあげることを忘れないようにしましょう。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方

    男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方育児のことなら何でも知ってるお母さん。子育てにおい…
  2. イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置

    イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置子どもが頭痛を訴えると、目に見えない部分な…
  3. ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのこと

    ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのことママ友は、仲良く出来ればとても心強…
  4. 大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選

    大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選お誕生日やクリスマスなど、女の子に…
  5. 雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選

    雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選子どもは雨の日でも元気いっぱいです。水たまりに入って…

ピックアップ記事

  1. 1歳10か月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれこんにちは。5歳と3歳の二人…
  2. 子どもの靴は機能性重視!?足の発育のためにオススメする靴6選子どもに靴を選ぶときに、何を重視…
  3. 1歳3ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれたっちやあんよができるようにな…
  4. お食い初めの料理や献立メニューのレシピを紹介! 赤ちゃんの成長を祝う、お食い初めの行事。料亭などの…
  5. オムツかぶれに効果ある薬と対処方法4歳と3歳の二児のママライターです。トイレに行けるようにな…

新着情報

ランダム記事

ページ上部へ戻る