相性が良くないママ友との関係に疲れた時に見る対処方法

相性が良くないママ友との関係に疲れた時に見る対処方法

幼稚園・小学校・習い事と、子どもの成長に伴い、避けて通れない事が、他のお母さんとのお付き合いです。

特に子どもが小さい内は、子ども同士が遊ぶにも、お母さんの付き添いが必要だったり、幼稚園や習い事・PTA関連などで、お母さん同士の情報交換や交流も多かったりなど、他のお母さんと接する機会も頻繁でしょう。

時には、自分とは合わない・苦手だと感じるお母さんと関わる場合もあるかと思います。ここでは、そのような時の対処・関わり方について考えてみます。

1.ママ友って?

ママ友と言う表現が、誤解を招く場合も少なくないと思います。

育児に奮闘しているお母さん同士、良い関係が多く築けたら、それに越したことはありませんし、育児仲間が居てくれるのは心強いこともあるでしょう。

しかし、ママ友に限らず、どのような場合においても、合わない人・苦手な人はいるものです。皆が皆、仲良くできるわけではありません。

まずは、この前提をしっかりと認識しましょう。「悪く思われたくないから、皆と仲良くしたい。」というのは、無理があります。

お母さんにも色々な人がいる以上、自分と合わない人が居るのも、当然のことです。相手も、あなたのことが苦手かもしれません。元々が、子どもを通しての関わりなのですから、義理で付き合うこともあるでしょう。

仕事における上司や同僚・取引先などと同じです。子どもが絡むので少々厄介な面もあるでしょうが、一緒にいて疲れたり、嫌だなと思う相手は、所詮、本当の友達ではありません。

「ママ友と友達は別。」と、自分の中で割り切りましょう。もちろん、お付き合いする内に本当に親しくなれれば、それはとても素敵なことです。

2.プライベートな話はなるべく控える

家庭や身内の話は、できるだけ控えた方が良いです。自分が思ってもいない所で嫉妬をされる場合もありますし、家庭内のことを知られていると、遊びや食事のお誘いを断ったり、相手との関係を切りたい時にやりにくくなります。

特に、夫の年収や貯金などの経済的な話や、夫や自分の仕事・肩書・学歴などの話は避けましょう。無用なトラブルの種になりやすいからです。自分から相手に聞くことも控えましょう。

もし聞かれたら、否定せずに軽く答えるだけに留めて、後は相手に返すようにしましょう。いわゆるオウム返しです。これを上手く使いましょう。

3.距離を置く

ママ友との出来事や言われた事で「嫌だな。」「止めて欲しいな。」と思っても、はっきり拒否をしては角が立ちますし、子どもに悪影響が無いかも心配になりますよね。

こんな時は、上手に距離を置きましょう。相手によっては難しい場合もあるでしょうが、会う回数を少し減らしたり、可能であれば、会いそうな場所を避けるなど、自分なりに意識して行動してみましょう。

いつもと違う公園や遊び場を新しく開拓するのも、良いでしょう。また、相手に誘われて行きたくなければ、3回に1回くらいは、断っても構いません。「子どもの習い事があるから。」「在宅で仕事を始めたから。」「親の面倒を見ないといけないから。」「来客があるから。」など、理由付けのバリエーションも考えておきましょう。

嘘も方便です。角を立てずに断る為に、嘘も上手く使いましょう。この時のポイントは、後で嘘だと分かってしまわないように、半分くらい本当の事を入れておくことです。

例えば、「在宅で趣味のハンドクラフトはしているけど、仕事ではない。」「子どもの習い事はあるけど、本当は違う日にち。」など、一部分は本当だけど、他は嘘というようにしておくと、自分からうっかりボロを出すことも減ります。

また、後で相手が「あれ?」となっても、「その時はたまたま、習い事の日にちが変更になった。」「いつもは無いけど、単発で仕事が入っていた。」など、辻褄も合わせやすくなります。

4.メールやSNS他

お母さん同士の連絡手段は、携帯のメールやSNSなどのやり取りが主でしょう。人によっては、どうでも良いメールを頻繁に送ってくることもあるかもしれません。

すぐ返さなければならない内容以外は、半日ほど空けてから返信するなどし、「そんなに頻繁に携帯を見られません。(暇ではありません。)」という暗黙の状況を作ってみるのも、1つの方法です。

また、自分がブログやフェイスブックを行っている場合も、信頼できる相手以外には教えない方が無難です。ブログなどに書いた内容に嫉妬されたり、詮索されたりと、これも無用なトラブルの元になりかねません。

また、書いた内容によっては、家庭内のことが分かってしまう場合もあります。これも、2番で述べたように、相手とあまり関わりたくない時に不利になります。相手の書き込みに対する返事や「イイネ」も、回数を減らして下さい。

頻繁にしなくて良いです。何か言われたら、「ごめんなさい。いま〇〇に忙しくて、携帯をあまり見られないです。」「子どもに手がかかって、返す余裕が無くて。」など、相手を否定すること無く、上手く逃げましょう。

逃げるが勝ちです。

5.悪口・陰口に同意しない

皆で集まって話をしていると、悪口・陰口とまではいかなくても、「あのお母さん、〇〇な所がちょっとねぇ。」といった愚痴も出やすいものです。

安心して愚痴がこぼせる相手なら良いですが、そうでないなら、自分から他の人を悪く言うことは控えましょう。相手からそのような話が出た時は、聞いているフリをして聞き流しましょう。

「うんうん。」と頷こうものなら、下手をすると「〇〇さんも言っていた。」と、他の所でダシにされかねません。

これは、バイオリニストの高嶋ちさ子さんが、某バラエティー番組でおっしゃっていたのですが、「お母さん同士で陰口が出た時は、相槌にハ行しか言わない。」のだそうです。

相手の言う事を否定も肯定もせず、でも、聞いているように見える良い方法だと思いました。

6.お金の貸し借りはしない

お金も何かとトラブルの元になりやすいです。少しの額でも、できるだけ貸し借りはしないようにしましょう。もし貸し借りをしたなら、できるだけ早く返す・返してもらうようにしましょう。

また、お母さん同士でランチや遊びに行った場合も、かかった費用は平等に割り勘にし、なるべくその場で精算しましょう。金銭感覚も人それぞれです。

できるだけ後腐れないように、お金のやり取りは控えるか、早く済ませましょう。

最後に

子どもの為のママ友付き合いも、お母さんが無理をし過ぎると、却って子どもの為になりません。難しい場合もあるでしょうが、基本的には幼稚園や小学校など、その時だけの狭い世界での繋がりです。

子どもの成長と共に、ママ友の縁が切れることも多いでしょう。人を貶めたり傷つけたりしなければ、逃げても、嘘をついても構いません。時に、自分を守るために必要なことです。

使える方法は使って、お母さんの負担を少しでも減らして、今を乗り切って下さい。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方

    男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方育児のことなら何でも知ってるお母さん。子育てにおい…
  2. イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置

    イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置子どもが頭痛を訴えると、目に見えない部分な…
  3. ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのこと

    ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのことママ友は、仲良く出来ればとても心強…
  4. 大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選

    大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選お誕生日やクリスマスなど、女の子に…
  5. 雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選

    雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選子どもは雨の日でも元気いっぱいです。水たまりに入って…

ピックアップ記事

  1. 1歳10か月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれこんにちは。5歳と3歳の二人…
  2. 子どもの靴は機能性重視!?足の発育のためにオススメする靴6選子どもに靴を選ぶときに、何を重視…
  3. 1歳3ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれたっちやあんよができるようにな…
  4. お食い初めの料理や献立メニューのレシピを紹介! 赤ちゃんの成長を祝う、お食い初めの行事。料亭などの…
  5. オムツかぶれに効果ある薬と対処方法4歳と3歳の二児のママライターです。トイレに行けるようにな…

新着情報

ランダム記事

ページ上部へ戻る