ママ会に必須!子連れでランチする時に気をつける5つのポイント

ママ会に必須!子連れでランチする時に気をつける5つのポイント

子どもがある程度の年齢・月齢になると、プライベートで、幼稚園や学校繋がりでなど、お母さん同士で集まる機会も多いでしょう。

ここでは、子どもも一緒に、お母さん同士でランチする時のポイントについて見てみます。

1.お店選び

 参加するだけの場合は難しいこともありますが、もし自分がママ会のお店を選べる場合は、子ども優先で考えましょう。

お店選びのポイントは以下にまとめます。全ての条件が揃う事はあまり無いでしょう。他の参加者のことも考え、優先順位を決めると選びやすいかもしれません。

  • 交通手段が車の参加者が多い場合は、駐車スペースは十分か?
  • 店内はベビーカーも入れるか?預ける・外に置くか?
  • どのような座席があるか?小上がり席や個室の有無・椅子席の場合はキッズチェアがあるか?
  • オムツ替え場所の有無
  • キッズスペースの有無
  • 参加する子どもの中に、アレルギーのある子どもがいる場合、その対応はどうするか?
  • お店自体の雰囲気や客層はどうか?子連れ歓迎のお店か?
  • 時間帯はどうするか?なるべく、混雑する時間は避けたほうが良いでしょう
  • 様々な条件が伴いますが、思い切って屋外や自宅・友人宅というのも、1つの選択肢かもしれません

2.席で遊べる物を用意

これは、子連れのお母さんなら、誰もが考え悩む事の1つかもしれません。子連れ歓迎のお店や場所でも、公共の場です。

なるべく、子どもが店内で落ち着いて過ごせるように、退屈しないように、対策は必要ですね。音の少ない玩具や絵本の持参は、お母さん達にとっては当たり前かと思います。

この時の玩具や絵本は、普段は遊ばない・見ないという、とっておきの物や、新しい物にすると、より効果的かもしれません。お店によっては、店内にちょっとした玩具が置いてある場合もあります。

これらを活用しても良いでしょう。また、昨今はスマホという手段もあります。これは賛否両論あるかと思いますが、子ども向けの動画やゲームもあるので、これらを上手く使うというのも、1つの方法です。

ただ、スマホを見せることが当たり前になったり、長時間見せっ放しにするのは、子どもの目や脳の発達に良くないので、使い方はお母さんがしっかり考え、管理してあげて下さい。

いくら頑張って対策を立てても、ある程度は子どもが騒ぐことや、グズることもあるでしょう。一時的なものなら、一旦お店を出て気分転換するなどで済みます。

長引いたり、騒ぎ過ぎるようなら、残念ですが潔く引き上げることも、必要かもしれません。公共の場で騒いだらどうなるか、子どもに教えることも大切です。

これは一度で分かるものでもありませんが、自身の行動の結果がどうなるか、子どもが身を以て知る良い機会でもあります。

また、そのような場合に、無理をしてその場に留まり、周りや一緒にいるお友達に迷惑がかかることも、出来るだけ避けたいですね。

3.小さい赤ちゃんは

小さい赤ちゃんを一緒に連れて行く場合は、なるべく事前にオムツ替えや、授乳を済ませておくと良いでしょう。

赤ちゃんの生活リズムや、食事の時間によっては難しい場合もあるでしょうが、特に月齢の小さい赤ちゃんはこれらを済ませておくと、後は落ち着いて、そのまま寝てくれたりします。

赤ちゃんの個性にもよりますが、案外、小さい内の方が連れて行きやすい場合もあるかもしれません。

4.お母さんがマナーを守る

 当たり前のことですが、お母さん達自身がマナーを守ることが大切です。子どもは親をよく見ています。「子どもがいるから、これくらいは良いよね。」という甘えは、他の人にとっては迷惑です。

周りが、「お互い様」と温かい目で見守ってくれる分には有り難いことですが、子どもがいることを大義名分にして、お母さんがマナー違反や、周りの迷惑になることをするのは止めましょう。主な具体例を以下にまとめます。

子どもが店内を走る

→言うまでもありませんが、人にぶつかっては迷惑ですし、店員さんが料理を運ぶ妨げになります。

また、子ども自身が怪我をしかねません。気を付けましょう。

なお、この時に「走らない」などと言う禁止語だけではなく、「ゆっくり歩こうね」などの具体的なアドバイスも一緒にした方が、子どもには分かりやすい場合が多いようです。

お母さん同士が話に夢中で、子どもを見ていない

→キッズスペースのあるお店で多いようです。楽しいのは分かりますが、自分の子どもを見るのは自分です。

目を離していて、子どもが怪我をしたり、他の子どもに怪我させたりというケースも少なからずあるようです。ずっと見ているのは難しいですが、こまめに目を配ることを忘れないようにして下さい。

汚したり、落とした物を全部そのままにして帰る

片付けるのは店員さんですが、子どもが汚したり、食べ物を沢山落として、そのまま帰るというのはいただけません。

落とした物は拾っておく、汚れた所は軽く拭いておくくらいの心配りは必要です。食べた後のことに無頓着な方も結構いるようなので、気を付けたいところです。

5.時間

皆で集まると、帰る時間の目処が立ちにくい場合があります。楽しかったり、話が盛り上がっていれば尚更です。

可能であれば、○時までと皆で時間の区切りを決めておけば、帰りたい人も引き上げやすいでしょう。また、「子どもが眠いみたいだから・もうすぐ帰って来るから、先に失礼します。」など、子どもを口実にすることも出来ます。

女性同士だと、とかく何事も長引きやすい傾向がありますが、人それぞれに事情もあります。自分が帰りたい場合でも、人が帰りたい場合でも、予め目処を付けておくとスムーズに帰りやすいでしょう。

最後に

お母さん達は普段、子どもと家に2人きりだったり、育児・仕事に忙しかったり、それぞれに頑張っています。

ママ会に限らずですが、外食は、貴重な気分転換の機会という方も多いでしょう。マナーを守って、お互いに気持ち良く・楽しく過ごせると良いですね。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方

    男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方育児のことなら何でも知ってるお母さん。子育てにおい…
  2. イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置

    イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置子どもが頭痛を訴えると、目に見えない部分な…
  3. ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのこと

    ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのことママ友は、仲良く出来ればとても心強…
  4. 大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選

    大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選お誕生日やクリスマスなど、女の子に…
  5. 雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選

    雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選子どもは雨の日でも元気いっぱいです。水たまりに入って…

ピックアップ記事

  1. 1歳10か月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれこんにちは。5歳と3歳の二人…
  2. 子どもの靴は機能性重視!?足の発育のためにオススメする靴6選子どもに靴を選ぶときに、何を重視…
  3. 1歳3ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれたっちやあんよができるようにな…
  4. お食い初めの料理や献立メニューのレシピを紹介! 赤ちゃんの成長を祝う、お食い初めの行事。料亭などの…
  5. オムツかぶれに効果ある薬と対処方法4歳と3歳の二児のママライターです。トイレに行けるようにな…

新着情報

ランダム記事

ページ上部へ戻る