男の子も女の子も大イベント!意外と知らない七五三の常識&マナー9選!

男の子も女の子も大イベント!意外と知らない七五三の常識&マナー9選!

子どもの成長においては、節目が幾つかあります。百日祝い・節句・卒入園学と様々ですが、どれもおめでたい出来事です。

そして、七五三もその1つです。七五三をお祝いする方は多いでしょうが、意外とちゃんとしたマナーが分からない、お祝いの意味を知らないという事があるかもしれません。

ここでは、そんな七五三について詳しく取り上げてみたいと思います。

1.七五三の由来

 まずは、七五三の由来について知っておきましょう。何となく、3歳・5歳・7歳でやることは知っていても、なぜその歳にお祝いするのかご存知ですか?

昔は、赤ちゃんや子どもの死亡率が今よりもずっと高く、7歳までは「神の子」と言われていたそうです。また、生まれて3~4年経ってから、今の戸籍のようなものに登録することが一般的でした。

この為、子どもが7歳になるまで、無事に成長するように願う儀式が行なわれていました。

また、3歳は言葉を理解するようになり、5歳で知恵がつき、7歳で歯が生え変わると言われ、成長面での節目であると共に、病気や様々な危険が伴いやすかったようです。

このような背景から、七・五・三の年齢時に、それまで無事に成長したことのお祝いをし、更なる健やかな成長を祈るようになったそうです。

七五三のお祝いそのものは、元々は宮中や公家で、それぞれ別の儀式・お祝いとして行なわれていました。

この儀式が、髪置き(3歳)・袴着(5歳)・帯解き(7歳)と言い、江戸時代に他の裕福な人々の間に広まり、明治時代に現代の七五三に近い形で、庶民にも広がったと言われています。

2.年齢

 昔は、年齢そのものも数え年で数えていたそうです。この為、七五三などのお祝い事も、数え年で行うことが一般的でした。

近年は核家族化の影響もあってか、数え年にこだわる方も家族内に少なくなってきたことで、満年齢で行うことも一般的になってきた風潮があります。

これは、どちらが正しいということも無いので、ご家庭の都合(仕事の都合や兄弟姉妹との年齢差など)や、子どもの状態(オムツの有無や長時間の外出に対応できるか)などに合わせて考えましょう。

また、男の子は3歳と5歳の両方をお祝いする場合と、5歳のみの場合とがあります。

女の子は、3歳と7歳が一般的です。地域性や各家庭の考え方にもよるので、自分達が住んでいる地域や、一緒にお祝いできるなら、おじいさん・おばあさん方と相談してみると良いかもしれません。

3.日取り

七五三のお祝いは、11月15日とされています。では、なぜこの日なのでしょうか?有名な説は幾つかあるようですが、よく言われているのは、徳川将軍家の三代目家光が四男徳松の袴着の儀式を、11月15日に行い、これが踏襲されたという説です。

また、11月15日は当時の暦で、婚礼以外のお祝い事には最良の日とされていたそうです。他にも細かい話はありますが、子どものお祝い事を、良い日取りで行いたいというのは、昔から変わらない親心でしょう。

現代においては、家族の都合の合う日に行う、寒い地域では11月より早めに済ませるということも多く、この日取りの意味は失われつつあります。

古来の日取りにこだわる必要はありませんが、全く何も知らずにいるよりは、これらを少し思い出すだけで、七五三をお祝いする心持ちも違うかもしれません。

4.千歳飴

七五三に欠かせない千歳飴ですが、その意味は何でしょうか?七五三そのものが、子どもの健康と無事の成長を願うお祝い事ですが、千歳飴も同じ意味合いがあります。

飴が長く伸びることにあやかって、長寿の願いを掛けているのだそうです。江戸時代に広まったそうですが、縁起物ということですね。

長寿の願掛けであり、お祝い事に用いることから、千歳飴は細長い形状で、紅白色である事が主流です。おまけのお話ですが、千歳飴は直径も長さも、サイズが決められているそうです。面白いですね。

5.現代の七五三

 現代の七五三は、スタジオなどでの写真撮影と神社へのお参り・食事会が主流のようです。

七五三シーズンになると混むことが多いので、写真は先撮りし、お参りと食事会は別の日にするという場合も多いようです。

中には、写真撮影だけで、お参りや食事会は無しという場合もあるようですが、これは単なるイベント化しているようで、少し疑問に感じます。

せっかくの七五三です。神社で祝詞をあげてもらうまではしないものの、氏神様にお参りだけでもする、食事会なんて大げさにしないまでも、家族内でちょっとお祝いするなど、自分達に合うやり方でお祝い出来ると良いでしょう。

6.神社へのお参りと初穂料

神社は、氏神様(家から近い、その土地の神様)にお参りすることが基本ですが、有名な所に行きたい・空いている所にしたいなど、それぞれの希望で変えても差し支えありません。

神社でお参りだけでなく、神主様に祝詞をあげてもらう場合は、謝礼が必要になります。これを初穂料、もしくは玉串料と言います。お値段の平均は、3千円~1万円くらいです。

神社によっては、一律料金で定めている所もあるので、事前に確認しておきましょう。初穂料・玉串料は、水引が蝶結びになっている祝儀袋に入れます。白い封筒でも良いようです。

表書きは「御初穂」「御玉串料」とし、祝儀袋の場合は水引の下に、子どもの名前と年齢を書きます。子どもが複数の場合でも、基本的に子ども一人につき、初穂料・玉串料を一包みします。

なお、祝詞をあげてもらう場合は、事前に神社に予約や問い合わせをしておきましょう。予約受付しない神社もあります。

7.神社へのお参りのポイント

インターネットサイト「七五三ドットコム」の、「七五三の神社へのお参りの際のポイント」が参考になるので、こちらに取り上げておきます。

  • 神社のお参りは、長い参道や砂利道があるので、着物でも子どもの履き慣れた靴を持参した方が良いです
  • シーズン中は混むので、車で行く場合は、神社や周辺の駐車場事前に下調べをし、駐車できる場所の確認をしておきます。路上駐車は控えましょう
  • 同じ日に食事や写真撮影を予定している場合は、時間に余裕を持たせたスケジュールを組みましょう

子どもがいての行事ですから、どのような突発事態があるか分かりません。また、シーズン中の神社では、予約をしていても、お参りや祝詞の待ち時間が長くなったり、順番が変わったりします。

特に、神社の後に予定を入れる場合は、時間配分を十分に検討しましょう。

8.大人の装い

主役は子どもですが、付き添う大人の服装もきちんとしたいものです。一緒に写真撮影をする場合は、後々まで残りますし、神社に行く場合は、お参りだけでも神前にふさわしい装いが必要です。

男性はダークスーツが一般的ですが、この機会に紋付き袴で和の装いも素敵ですね。女性は洋装ならワンピースやスーツ、和装なら附下げや訪問着・色無地がふさわしいです。

なお、男性・女性共に、あまり派手な物は好ましくありません。

9.お返し

七五三は身内のお祝い事なので、他の方からお祝いを頂いても、基本的にお返しは必要ありません。

しかし、それでは気持ちが治まらない事も多いかと思います。お返しをする場合は、千歳飴とお赤飯をお渡しすることが一般的だそうです。できるだけ、お祝いを頂いてから1~2週間以内にお返ししましょう。

千歳飴やお赤飯のお返しが出来ない場合は、頂いたお祝いの3割~5割程度のお値段の品物をお返しします。なお、お返しに熨斗付けする場合は、表書きを「内祝い」と子どもの名前にします。

最後に

前述にもありますが、七五三は子どもの健やかな成長を願い、お祝いする行事です。マナーをきちんと守り、子どもに負担の少ない形で、皆さんの素敵な思い出になると良いですね。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方

    男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方育児のことなら何でも知ってるお母さん。子育てにおい…
  2. イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置

    イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置子どもが頭痛を訴えると、目に見えない部分な…
  3. ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのこと

    ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのことママ友は、仲良く出来ればとても心強…
  4. 大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選

    大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選お誕生日やクリスマスなど、女の子に…
  5. 雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選

    雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選子どもは雨の日でも元気いっぱいです。水たまりに入って…

ピックアップ記事

  1. 1歳10か月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれこんにちは。5歳と3歳の二人…
  2. 子どもの靴は機能性重視!?足の発育のためにオススメする靴6選子どもに靴を選ぶときに、何を重視…
  3. 1歳3ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれたっちやあんよができるようにな…
  4. お食い初めの料理や献立メニューのレシピを紹介! 赤ちゃんの成長を祝う、お食い初めの行事。料亭などの…
  5. オムツかぶれに効果ある薬と対処方法4歳と3歳の二児のママライターです。トイレに行けるようにな…

新着情報

ランダム記事

ページ上部へ戻る