同性だから難しい!女の子の育て方で注意すべき8つのこと

同性だから難しい!女の子の育て方で注意すべき8つのこと

男の子でも女の子でも、我が子は可愛いと同時に、育児中は迷うことや悩むことも多々あります。

迷い、悩み、心配することが、親の務めの1つとも言えるかもしれません。その中でも、お母さんにとって、女の子は同性であるが為に、育てやすくもあり、ある種の育てにくさも感じることがあるかもしれません。

ここでは女の子を育てる上で、お母さんが知っておいた方が良いポイントを抑えましょう。

なお、内容の一部は「ママノート」というインターネットサイトを参考にしています。

1.女の子は早い

全体的に、男の子よりも女の子の方が、様々な成長において早い傾向があるようです。

特に勉強面や社会面(コミュニケーション力や人間関係の構築力)は、女の子の方が理解力や適応力が高いことが多いようです。

成長が早い分、自分で出来ることもどんどん増えます。

この為、好奇心が旺盛だったり、背伸びしたがることも多いです。特に小学校くらいになると、「まだまだ」と思っていた事が出来るようになっていたり、意外な事をよく知っていたり、親が内心驚くことも多くなるかもしれません。

子どもの成長する力とスピードに置いていかれないように、子どもの心と体の両方に、よく目を配りましょう。

ただし、過干渉は禁物です。親の過干渉は、子ども自身の成長する力・生きる力を妨げかねません。たとえ、親の愛情からくる一心だとしても、子どもの為にはなりません。

2.ほめる

同性ということもあってか、娘に対する、お母さんの目は厳しくなる傾向が一般的にあるようです。

できない部分を指摘するよりも、まずは頑張った事実や経過そのものや、何らかの成果が出ているなら、それらをたっぷりとほめてあげて下さい。

「褒める」でも「誉める」でもなく、「ほめる」です。これが、なかなか難しいのですが、対価やご褒美を与えたり、何かと引き替えなどの条件の元では、それらが無くなったら意欲を失ったり、次から対価やご褒美が無いと頑張れないようになります。

これでは「ほめる」の意味を成しません。もちろん、楽しみとしての物事を与えることを、否定はしません。大人も楽しみな事があると、いつも以上に頑張れます。

ただ、子どもに与える場合は、与える前に、その頻度や内容について、親がよく考えて欲しいのです。

性別に限らず、子どもの頑張る力の根底にあるのは、何よりも大好きな親に「見てもらいたい。」「認めてもらいたい。」という思いです。ご褒美や条件ではありません。

この部分をしっかりと受け止め、子どもにきちんと返してあげて下さい。

3.張り合わない

女の子は成長が早い分、口も達者な場合が多いです。大人の痛いところを突いてきたり、容赦なく矛盾を指摘してくる事も、多々あります。

子どもも大人も含め、女性は感情豊かな傾向があります。この為、娘に言われた言葉に対し、お母さんがムキになることも、少なくないかもしれません。

そうなった時には、できるだけ大人であるお母さんの方が、張り合わずに一歩引きましょう。相手が大人ならともかく、子どもの内は、なるべくお母さんの大人の余裕でかわしましょう。

感情的になったところでは、事態は好転しにくいものです。

4.同一視しない

これは、特に母と娘の関係において、多いように思います。家族内で、同じ「女」だからでしょうか。

「娘のことは、母である自分が、何でも知っている。」「娘は、私に何でも話してくれる。」などの思いや考えを、お母さん自身が持たないように気を付けましょう。

いくら仲が良くても、可愛い娘でも、子どもも一個人です。お母さんとは違う人間です。「何でも全部分かっている。」というのは、お母さんの思い込みやエゴに過ぎません。

これが長く続くと、子どもの本当の性格や気持ちを見失いかねませんし、母娘関係に良くない影響を及ぼす可能性もあります。

5.期待し過ぎない

「全く期待をするな。」ということではありませんので、間違えないで下さい。あくまでも、「し過ぎない」で下さい。

よくあるパターンが、「自分が出来なかったことへの期待や夢を、娘に託す。」もしくは、「自分も出来たのだから、娘も出来て当然。」というものです。

習い事や進学時に特に見られるようです。その期待は、子どもの為ではありません。親である自分の為のものです。子どもに押し付けないで下さい。

期待されるというのは、子どもの力が伸びる為の必要な要素です。しかし、何事も「過ぎる」のは良くありません。特に、女の子は人の気持ちに敏感です。

親が期待すれば、それに応えようとするでしょう。親の期待と、子どものやる気・実力とバランスが取れていれば、良い方向に向きます。

逆に、親の期待が過度にかかると、その負担は子どもの心にのしかかります。「し過ぎない」ように、お母さん自身が気を付けて下さい。

6.頭ごなしに叱らない

女の子を叱る時に、頭ごなしに叱ることは控えて下さい。女の子は周りとの協調性が高いので、親にも共感してくれることを求めます。

この為、頭ごなしに叱ることは、却って反発を招くだけです。子どもに非がある状況でも、一旦は子どもの気持ちや状況を受け止めてから、対応できるとベストです。

もちろん、時に毅然とした態度と、譲れない線引きは、親として大人として必要です。叱る時と場合を、しっかりと見極められると良いですね。

7.話をよく聞く

女の子はお喋りです。お母さんに話したいことも沢山あります。子どもが話している時は、遮らず、否定せず、最後まで聞いてあげて下さい。口を挟むなら、相槌とオウム返しだけが良いそうです。

話をすることは、コミュニケーションの大事な基礎です。コミュニケーション力の高い女の子には、話すことが大切になります。

家族以外の他の人との関係の前に、まずはお母さんとのコミュニケーションが、人間関係の基礎となります。子どもの話をたくさん聞いてあげて下さい。

8.考えさせる

女の子は、周りの人に対するアンテナが敏感です。これは良いことでもありますが、一方で、人に頼ろうとしやすい側面も持っています。

分からないことや難しいことなどがあっても、すぐに助けることは子どもの為になりません。自分で考えたり、試してみたりするように促しましょう。これは、勉強に限ったことではありません。

生活面・社会面など、あらゆる場面において言えることです。

最後に

女の子は、小さい内から「女」である部分を、しっかり持っているように思います。それ故に、お母さんと女同士として衝突したり、逆にとても仲が良かったりという傾向が、多く見られるのかもしれません。

「子は親の鏡」とよく言います。母娘間においては、特にこれが言えると思います。お母さん自身が育ててもらってきた中で感じたこと、考えたことを思い出しつつ、女の子の特性を踏まえて、愛情いっぱい育ててあげて下さい。

なお、この記事の内容は一般的な傾向を元にしており、全ての女の子の育児に当てはまるものではありません。

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方

    男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方育児のことなら何でも知ってるお母さん。子育てにおい…
  2. イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置

    イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置子どもが頭痛を訴えると、目に見えない部分な…
  3. ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのこと

    ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのことママ友は、仲良く出来ればとても心強…
  4. 大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選

    大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選お誕生日やクリスマスなど、女の子に…
  5. 雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選

    雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選子どもは雨の日でも元気いっぱいです。水たまりに入って…

ピックアップ記事

  1. 1歳10か月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれこんにちは。5歳と3歳の二人…
  2. 子どもの靴は機能性重視!?足の発育のためにオススメする靴6選子どもに靴を選ぶときに、何を重視…
  3. 1歳3ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれたっちやあんよができるようにな…
  4. お食い初めの料理や献立メニューのレシピを紹介! 赤ちゃんの成長を祝う、お食い初めの行事。料亭などの…
  5. オムツかぶれに効果ある薬と対処方法4歳と3歳の二児のママライターです。トイレに行けるようにな…

新着情報

ランダム記事

ページ上部へ戻る