【人気記事】寝不足なのに夜泣きひどい!そんな時に試したい対処法4選

【人気記事】寝不足なのに夜泣きひどい!そんな時に試したい対処法4選

赤ちゃんの夜泣き、それは多くのお母さん達が経験する、育児の悩みの一つです。

仕事や家事に加え、日中の育児で心身共に疲れ果てることも少なくない中で、更に子供が泣いて夜も起こされる。夜泣きが毎日続けば、いくら可愛い我が子でも辛い時が多々あります。

そのような時に、藁にもすがる思いで、泣き止ませる方法はないかと試行錯誤しますよね。ここでは、そんな夜泣きにお困りのお母さん達のために、対処法について4つご紹介します。

1.ドライブ!

大人でも車や電車に揺られると眠くなることがありますよね。赤ちゃんにとって、車の揺れは、お母さんのお腹にいた頃の揺れのように感じ、安心するそうです。

また、チャイルドシートの狭さも、お腹の中にいた頃の感覚を思い出すことに繋がるそうです。

先輩のお母さん達も多く実践しているこの方法、我が家の娘の夜泣き時期にも効果テキメンでした。

また、可能であれば、お父さんや他の人の運転で赤ちゃんを連れ出してもらえるので、お母さんがその間に休めるというメリットもあります。

ただ、車を使えない方や、住んでいる地域の気候や季節によって制限されることも多い点、夜間の運転の危険性も考えると、デメリットもありますね。

2.ひたすらユラユラ!

1番のドライブと通じるところがありますが、抱っこやおんぶで、ひたすら揺れるというのも、よく試されている方法です。

私はこれに加えて、ベランダに出て自分も新鮮な空気を吸ってみたり、車に乗っている風にカーブやブレーキなどの揺れや動きを、自分で再現しながら揺れてみたり、軽く踊ってみたり(夜の暗闇で・・・)と、あれこれ挑戦してみました。

おんぶ紐や抱っこ紐を使うと、多少は長めの時間でも、腕の負担は減らしつつユラユラしていられます。

赤ちゃんは、お母さんの心音を聞くと安心するとも言いますから、密着性が高いことも良いのかもしれません。この方法も、お父さんや他の人に代わってもらうことも出来そうですね。

3.薬を試してみる!

お医者さんで漢方などを処方してもらう、市販薬を使うなどと、いくつか選択肢があります。

市販薬として有名なのは、「宇津救命丸」(うづきゅうめいがん)、「樋屋奇応丸」(ひやきおーがん)です。

お薬を飲ませるのは心配・・・というお母さんも多いでしょう。どちらも自然素材の生薬からできている為、小さい赤ちゃんに飲ませても安心です。

効き目は緩やかで、即効性はありませんし、効果自体も個人差があります。

私も自分の娘には樋屋奇応丸を飲ませてみましたことがあります。

先輩のお母さん達の中には、薬が効いたという声も多くあるので、方法の一つとして考えてみると良いでしょう。夜泣きで疲れ果てている方は試してみてください。

4.後乳を飲ませる

日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザーの方のフェイスブックと、サイトの「知力空間」に興味深い記事が載っていましたので、まとめてみます。

夜泣きの原因の一つに、糖分が関係していることが分かっています。寝る前に甘いものを食べたり飲んだりすると、インスリンが働き、血糖値が下がります。

低血糖になると、次は血糖値を上げるために、アドレナリンが分泌されます。このアドレナリンが興奮作用をもたらすため、眠れなくなったり、赤ちゃんが夜に泣いてしまうことに繋がります。

実は、これは母乳も関係しています。母乳は出る順番によって栄養が異なります。最初に乳糖を多く含んだ甘い母乳(前乳)が出て、後半に脂肪分を多く含んだ母乳が出ます。

このため、前半の甘い母乳だけで赤ちゃんへの授乳が終わってしまうと、前述の血糖値の変化に繋がります。逆に、後半の脂肪分の多い母乳(後乳)を、赤ちゃんがしっかり飲めると満腹感を覚え、眠りやすくなります。

夜泣きの赤ちゃんがお乳を欲しがり、しっかり飲んでくれるなら、この後乳を飲ませてみては、いかがでしょうか。ミルクの場合はまた違ってきますが、母乳育児の場合はこのような可能性もあるのですね。

最後に

 
 夜泣きだけでなく、他のことにも言えますが、周りの人は「今だけよー。」「すぐ過ぎちゃうから。」と言うことが多いような気がします。

確かにそうかもしれません。でも、その真っ只中にいるお母さん達は、毎晩寝不足で大変です。

ここでは、夜泣きで使える方法を4つだけ取り上げました。まずは、この4つから試してみては、いかがでしょうか?

よく読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方

    男が教える!男の子の正しいおしっこのさせ方育児のことなら何でも知ってるお母さん。子育てにおい…
  2. イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置

    イタイ!子どもが頭痛を訴えた時にする5つの応急処置子どもが頭痛を訴えると、目に見えない部分な…
  3. ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのこと

    ママ友地獄・・・イジメを受けないために気をつける5つのことママ友は、仲良く出来ればとても心強…
  4. 大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選

    大人の女性並みに難しい!?女の子向けのオススメおもちゃ7選お誕生日やクリスマスなど、女の子に…
  5. 雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選

    雨の日も安心!オススメの子どもの長靴8選子どもは雨の日でも元気いっぱいです。水たまりに入って…

ピックアップ記事

  1. 1歳10か月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれこんにちは。5歳と3歳の二人…
  2. 子どもの靴は機能性重視!?足の発育のためにオススメする靴6選子どもに靴を選ぶときに、何を重視…
  3. 1歳3ヶ月の子育て!成長の発達状況や食事・言葉・体重のあれこれたっちやあんよができるようにな…
  4. お食い初めの料理や献立メニューのレシピを紹介! 赤ちゃんの成長を祝う、お食い初めの行事。料亭などの…
  5. オムツかぶれに効果ある薬と対処方法4歳と3歳の二児のママライターです。トイレに行けるようにな…

新着情報

ランダム記事

ページ上部へ戻る